ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

The Three Musketeers

"One for all, all for one!"の掛け声を聞きたくて「The Three Musketeers」を見てきました。
デュマの「三銃士」は大好きで何度も読んだし、映画も色々見たし、三谷幸喜が脚本を書いた人形劇も見た(笑)。アメコミの映画化みたいにセリフが聞き取れなくても影響が少ないのとはわけが違うので、見に行くのをちょっとためらったんですが、物語は知ってるしキャストが魅力的なので思い切って行ってきました。邦題には「ダ・ヴィンチの飛行船」っていうのがくっついてるんですね・・・。

マシュー・マクファディンのアトスは非常に魅力的です。オープニングのナレーションがマシューであの低音の良い声を聞いてワクワクします。ミラ・ジョヴォビッチがミレディの役で、ワケ有りのミレディとアトスを楽しそうに演じてます。潜水服みたいなの着て出て来たのがマシューだったのには驚きましたけど。アトスが潜水服ですか???
ダルタニアンと三銃士がチャンチャンバラバラの大立ち回りをするところなんか、ワクワクして「これよ、これ! これが見たかったのよー、チャンバラがー。」とこれからの展開にものすごく期待したんですが・・・。あ、あれ? 殆ど三銃士の世界観が破壊されてました(笑)。ファンタジーに仕上がってます、この映画。飛行船と言ってもフリゲート艦に気球くっつけたみたいなもので、大砲を打ちまくるし、オーランド・ブルームは出てくるし「パイレーツ・オブ・カリビアン」の路線を狙いたかったってことですね。

ファンタジーになっちゃってたんでがっかりしたのは確かですが、役者は非常に魅力的です。脚本家の一人がアンドリュー・デイヴィスなのでキャラクターがしっかり描けていたんですかね。マッツ・ミケルセンロシュフォールも良かったし、レイ・スティーヴンソンポルトスも良い。そしてルイ13世役のフレディ・フォックス! フォックスがまた一人登場しましたねぇ。姉ちゃんのエミリアと顔がそっくりでびっくりしました。誰かに似てるんだけど、と思っていたらエミリアでしたよ。兄弟だから当然よね。従弟のローレンスにも似てるし。つか、ジェームズ・フォックスエドワード・フォックスの区別が未だにつかない(笑)。

ところで三銃士とダルタニアンがテーブルを囲んで作戦を練るシーンがあるんですが、マシューがダルタニアンに指示する時にダルタニアンの事をダニーと言ってるような気がしてくる。そのうちマシューが「ハリー!」と言い出しそうで可笑しかった。というか、無理やりにでもピーター・ファースに関連付けようとしてるなぁ・・・。