ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

Captain America: The First Avenger

「Captain America: The First Avenger」を見に行ってきました。Coming soonだと思って油断していたらいつの間にか3Dの上映が終わっていてシネコンの小さなスクリーンでしか上映してなかった(笑)。金太郎飴のようにどっから切っても美人さんのリチャード・アーミテージアーミティッジ*1を3Dで見てみたかったのですが残念です。平日の14:10上映という無職の人間くらいしかいない時間だったので白人男性が5〜6人と謎の東洋人の私とアラブ人カップルだけでした。少な過ぎる。今日見に行って良かったかも。来週は上映終了してたりして・・・。ピーター・ファースにうつつを抜かしている隙に危うく銀幕のリチャードという貴重な機会を逃すところでした。
映画の方はリチャードはなかなか出てこなくてまだかなぁ、と思っていて、やっと出てきたと思ったらあっという間にいなくなってしまった。


こ、こんだけぇぇぇぇぇ???
でもま、つかみのアクションがリチャードだったんで見せ場は色々とありましたが、アクションばかりだったので、じっとりなめるようにリチャードを見る余裕なんかまるでなし(笑)。それでもスチルで見ていた通り、リチャードのグレイ・スーツ姿は半端なく男前です。勿体ない。これだけで消えるなんて・・・。

ダニエル・クレイグが007を辞めると言ってもリチャードがいるから次は安心して良いですな。あれ?マックス・ブラウンが次の007だとかつい先日ブログに書いたんだった。マックスはまだちょっと007には早過ぎますけど、リチャードはもう完璧いけますよ。熟成発酵済。ダニエルみたいに上げ底の靴を履かなくても大丈夫だし、金髪の007なんてとか言われる心配ないし。でもダニエルの007、いつまで見られるんですかねぇ。あの人、ボンドで荒稼ぎしようとかまるで考えてなさそうなんで、Bond23までのような気がするんですが。せめてBond24まではダニエル・ボンドで見たいけどなぁ。

クラーク・ケント? スーパーマン役でも立派にこなせますよ、リチャードは。

主役のクリス・エヴァンスは「ファンタスティック・フォー」でジェシカ・アルバの弟という血の繋がりがあるなんてDNAに喧嘩売ってるような役で見てました。アメリカンな兄ちゃんです、良くも悪くも。アメコミの馬鹿馬鹿しさを重々分かった上でセルフ・パロディみたいに茶化してあるみたいでしたが、原作のアメコミがああいう描き方だったんですかねぇ。

主役はどうでも良い反面、脇役が無駄に豪華で驚きました。ヒューゴ・ウィーヴィングトビー・ジョーンズスタンリー・トゥッチトミー・リー・ジョーンズヘイリー・アトウェルドミニク・クーパーJJ・フィールドサミュエル・L・ジャクソン

なんですか、この豪華な面子は。JJ・フィールドはやっぱり良い笑顔ですねぇ。 断崖からロープを張って滑り落ちて列車に飛び移るという無茶なシーンがあって、JJが"Mind the gap!"と言うので思わずニヤニヤしました。イギリスだと地下鉄や電車に乗るとよく聞くアナウンスです。日本の「電車とホームの隙間にご注意ください」だとお客様は神様なので怪我しないようにしてくださいと頼んでる感じです。イギリスでは乗り降りする人が自己責任で気を付けるって感じ。面白いですね。そんでもってヒューゴは素顔が分からなくて演技が曇らないのが毎度の事ながら驚き。

で、トゥッチよ、トゥッチ! なぜか私、トゥッチを見掛けると「あ! トゥッチだトゥッチ〜!」と訳もなく嬉しくなるんですけど。メタボでも禿げでも四十路にもなるとなんでもいけるらしいです。10代の頃から守備範囲が広かったという自覚はありましたが、今やメタボで禿げのピーター・ファースに惚れてるくらいですから、もうなんでもありです。トゥッチ〜♪禿げなんて、そんなのまだまだ甘いわね。あ、でも私、チビ・デブ・ハゲの三重苦、ボブ・ホスキンスが好きだったわ。

*1:日本でも本来の発音に近いこちらが定着してきたようなので訂正します。