ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

事件は会議室で起きてるんじゃない!

「事件はパブで起きてるんじゃない。外で起きてるんだ!」
一度も「踊る大走査線」って見たことないんですけど、豆さんの事件の記事を読んで思い浮かんだわけです。

いやーー、ショーン・ビーン泣く子も黙るセックス・シンボルです。
男らしいとは思ってたけど現実でも「シャープ」と同じ、テストステロン過多なキャラだったんですね。
男臭すぎるよぉ(笑)。死ななくて良かったねぇぇ。

なんでも先週の日曜日、豆さんちの近所に住むエイプリル・サマーズ嬢と行きつけのロンドンのパブに行ったそうです。煙草を吸う為に二人で外に出たら通行人がサマーズ嬢に卑猥な言葉を浴びせて通り過ぎようとしたので、その男の前に立ちはだかったそうで。豆さん、キャラ通りです。で、その通行人、豆さんの顔を殴りつけ、更に割れたガラスで腕を刺したって・・・。豆さん、大したことなくて良かったですね。下手すりゃ死にますよ。目撃者が警察に通報して豆さんは病院に行くように警官に言われたのに行かず、パブで救急箱を借りて自分で消毒した後、何事もなくサマーズ嬢と自分の飲み物を注文したそうです。

パブの従業員曰く「豆さんはこのパブの常連だけど今まで一度も問題を起こした事もない。女性にめっちゃモテるし事件はパブの外で起こった事ですよ。」

なんですか、もう、やってらんねぇなぁぁぁ。
こんなことされてなびかない女がいるわけがない(大笑)。
このサマーズ嬢、全然知らなかったんですがトップレスのモデルとかやってる女性なんですね。通行人も雑誌で見る巨乳のオネェちゃんが豆さんと一緒に居たからつい言っちゃったんでしょうねぇ。だって豆さんですよ、ただでさえ女にもてるのに見せつけやがってこの野郎!的に憤ったんでしょうか。それにしても、豆さん、ものにしようと良いとこ見せるのに必死だったからやせ我慢してたんでしょうか。うちに帰ってから「いてぇ・・・」と泣いてないと良いですけど。あー、でも、サマーズ嬢に優しく介抱してもらってご満悦だったのかなぁ(大笑)。
もしかして5度目の結婚は近い?
このエピソードって「駅馬車」でジョン・ウェインが演じたリンゴ・キッドを連想させますなぁ。


【追記】
豆さんを刺したのは単なる通行人ではなくてサマーズ嬢の元カレだったっていうのを読んだんですが、ろくな男と付き合ってなかったんでしょうか? それが、今度は豆さんですよ(笑)。未練たらたらの元カレが元カノを侮辱したっていう状況ですが「彼女に謝れ、この野郎!」なんていう正義感丸出しなセリフを豆さんが言ってくれたってことですね。絵に描いた様な白馬の王子様"A Knight in shining armor"ですなぁ。全て妄想ですが。でも多分、ほぼ真実だと思う(笑)。
豆さん、モテるはずだわ。モテ過ぎて4回も離婚したんだねぇ・・・。残念。