ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

火傷にはドルマイシン

昨日、パスタ用のトマトソースを煮込んでいて蓋を開けた途端、ぐぽっという音と共に結構な大きさのソースの塊が飛び出して私の右手の薬指に着地しました。
いやもう熱いのなんの。
慌てて冷やそうとして蛇口を捻ったら5秒もしないうちにお湯になった・・・。全く水を出してなかったら1分くらいは室温くらいの水が出てくるんですが、パスタを茹でるのに水を出したりして、室温に冷やされた配管に貯まっている水が全部出てしまっていた・・・。ここがドバイなのを一瞬忘れてました。

火傷の痛さって耐え難いですねぇ。独特の神経がすり減りそうな痛さです。直径3mmの馬鹿みたいに小さい火傷のくせにその痛さに全神経を集中させるとは火傷って侮れない。
そこでドルマイシンを塗ってみようと思いべっとり塗ってみると、1分くらいでどうにもこうにも痛くて薬指に全神経集中してたのが、気にならなくなった。すげー。ドルイマイシンってやっぱり効くなー。どんだけ強い成分が入ってるんだかちょっと怖い。

靴擦れにも劇的に効くし、日本からこれ持ってきといて良かった。