ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

フォネティック・コード

日本人の名前はなかなか伝わりにくくてスペルを電話口で何度も繰り返す羽目になります。近所のクリーニング屋のお兄さんは頭の回転が速くて私の苗字を私が一度言っただけでさらさら〜と書いたのでびっくりしたくらい。大抵は、スペル分かんないから書いて、と言われることが多い。ただ、電話だと書いてあげるわけにはいかないので困るのだ。先日、レストランに電話して予約をした時の事ですが、その電話を受けた女性はちょっと一味違いました。
スペルをフォネティック・コードで言いだした。
かっちょえぇぇぇぇぇぇ(笑)。

もうさーーーーー、アルファ・ブラヴォー・チャーリーぐらいなら言えるけどフォネティック・コードなんか一一全部覚えてないってばよー。こちとら軍人じゃねーしーー(大笑)。結局、なんとかスペルを伝え終えたんですが、最後に彼女が「Copy that」って言い出すかと思って期待したけど言わなかったんだよねぇ。残念。

しかし、自分の名前のスペルをフォネティック・コードで言えるようになっておくとかなり便利だと思いたち、ウィキペディアNATOフォネティック・コードを検索してみました。次の機会にはばっちりフォネティック・コードでスペルを言えるように練習しておくのだ(笑)。