ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

桜と雪

ドバイから日本へ帰ってきてまず思ったのは花が違う。南国の花じゃない。季節ごとに違う花が咲くのって実はかなり贅沢なことなのかもしれないです。東京では桜がすっかり葉桜になっていました。近所に八重桜が咲いていてすごくきれいだし、うちの近所の街路樹はハナミズキが多くてピンクと白と交互に咲いているので結構素敵です。ドバイでは熱帯の花しか咲いてないので、豪華なんだけど、どこかこう、けばけばしい雰囲気があって積極的に好きじゃないんですよねぇ。4月生まれだから桜が好きっていうのもあるけども。

予想はしてたものの桜が見られないのがこんなに残念だとは思いませんでした。
ところが、夫の実家へ新潟へ行ったらまーびっくり。桜が満開。今年は2週間ほど遅れたのでちょうど満開になったところだったそうです。ラッキー。


桜が満開なのに雨模様で花見には残念なお天気でしたが、しとしと降る雨っていうのも久しぶりに経験すると楽しいものです。新幹線で東京まで戻る途中の外の景色はまだまだ雪が残ってました。田んぼはまだ雪に覆われて、ところどころ融けてるところも。線路沿いに流れる川は魚野川なんでしょうか。遠くに見える山はまだ冬山です。

うーん。すごいなぁ。日本の景色って変化に富んでいて飽きない。