ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

桜が咲く頃

夜中に用を足して手を洗おうとすると水が出ない。トイレのタンクに水が補給されないし、トイレもシャワーもキッチンも全て出ない。結局、朝になってメンテナンスの事務所へ行って3時間後に水が出るようになりました。その5日後、また突然断水。私の部屋がある階の給水管のバルブに異常があったそうですが、根本的な原因が分からない事にはまた断水するかもしれません。
自分だけぬくぬくとしていていいのか等と偽善的な考えが頭に浮かんだりしていたのですが、自分も同じようにほんの少しだけど困った状況になったことで、罪悪感みたいなものが少し和らいだ気がしました。こんな単純な自分に落ち込みそうですが、単純で良かったとも思います。

4月生まれのせいなのか、子供の頃から桜が好きです。
一斉に咲いて実に潔く散っていくのがちょっと切ない。
今年はどうやら桜を見られそうにありません。
関東地方では葉桜になりかけの頃に帰国する予定です。

先日、ニュースで見た梅が印象的でした。津波で町が流されても孫が生まれた記念に植えた梅は蕾を付けていてその小さな梅の木を孫みたいに愛おしんでいた女性がいました。

大地に根を張る事が本当に大切な事なんですね。集団避難などで故郷を離れる事になる方がたくさんいますが、自分が今、生まれた国から遠く離れて外国に住んでいると故郷というものを改めて考えてしまいます。
故郷という根が大切なんだなー、と。

落ち込んでいても仕方ないし、買い込んだDVDの事もまた書きたくなってきましたし、桜の咲く頃にブログも再開しようと思います。