ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

小銭

今まで書こうと思いつつ忘れていたことがあります。それはドバイの小銭の事。ドバイにはアラブ首長国連邦の通貨ディルハムと補助通貨のフィルス(100フィルス=1ディルハム)があります。紙幣は5、10、20、50、100、200、500、1000ディルハム紙幣の8種、硬貨は1ディルハム、1、5、10、25、50フィルス。

私の今日のスーパーでの買い物のレシートがこれ↓。
肉や野菜は基本量り売りなので、例えば豚肉は1kg当たり5.95ディルハムになってます。玉ねぎも量り売りなので7.32DHSという半端な数字。
合計は97.69DHSになっていて、100ディルハム紙幣と25フィルス硬貨3枚をレジの女性に渡しまして、お釣りを3ディルハムもらいました。
では一体全体、6フィルスはどうなったのか。
それは私が損するわけです。
6フィルスのお釣りは無視されます。
なぜ無視されるのかは、1、5、10フィルス硬貨が殆どというか全く流通してないのでお釣りが渡せないわけです。25フィルス以下は切り捨てか切り上げです。四捨五入かというとそうでもないことがあったのでレジ担当の気分次第としか言いようがない・・・。
私は家計簿なんて付けたこともないまるっきり丼勘定なので慣れるまで時間はかかりませんでしたが(笑)。きっと1円単位できっちりと家計簿付ける人はドバイではきっと苦しいよねぇ。ストレス溜まるんだろうなぁ。

というかですね、家計簿はまだ良いですよ。でもスーパーのレジがどうやったって合わないでしょうに。それに単純に間違った時とお釣りで発生する誤差をどうやって区別するのか? 経理はどうなってるんだろう。気になる。ドバイには特定企業以外には法人税すらない国なので経理なんていい加減で良いのか?
そんなわけねーよなー。