ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

不完全燃焼

えー、せっかく一人でリチャード祭りを催すところで、またも体調を崩してしまいました。
水のような鼻水がタラタラ流れ出すは37.4℃なんていう中途半端な微熱が5日も続いて、いい加減寝てるのに飽きました。やっと熱も出なくなったし、リチャード祭りを始めたい(笑)。

熱が出始めの時に「The Vicar of Dibley - Holy Wholly Happy Ending」は見たんですよ。
そんで↓の歯がきらりと光るシーンをキャプチャしたんですが、如何せん熱でぼけーっとしてだるいし、中途半端な微熱なんで不完全燃焼に終わりました。もっかい見よっと。

ところで、「Vicar 〜」でドーン・フレンチ扮するこのコメディの主人公ジェラルディンとリチャード扮するハリーの会話がおかしくてたまらねぇ。エマ・トンプソンヒュー・グラント出演「いつか晴れた日に」のヒュー・グラントエマ・トンプソンにプロポーズするシーンで、彼女が感極まって「ぶろぅぉーー」と変な音を立てるシーンの事を二人が話すんですが、いやもう

わははははははは

大笑いしましたよ、私は。咳が出るから勘弁してくれよ。リチャードもドーンの可笑しさに本気で笑ってるのがバレバレ。「いつか晴れた日に」を見たことがある人ならバカ受け間違いなしです。で、この「ぶろぅぉーー」が後々、また大爆笑のシーンに繋がっていくわけです。このあたりの伏線はきっと脚本書いてるリチャード・カーティスじゃなかろうかと思います。うまいですねぇ、こういうのが。

ところでドーン・フレンチですが、デブな私が感情移入するのに何の苦労もいらなかった程の肥満体です。このおデブの彼女とリチャードが恋に落ちるという奇跡な状況(笑)。ドーン・フレンチはデブの星ですね。
彼女はその人気でジョニー・デップショーン・ビーン、果てはスティングまでゲストに呼んでいるくらいですからねぇ。天晴。


参考までにここで言及したシーンをyoutubeでどうぞ。
ぶろぅぉーー (いつか晴れた日に)
ぶろぅぉーー (Vicar) 字幕がスペイン語ですいません。


イギリスでは「高慢と偏見」のMr.ダーシーで女性の人気を独り占めって感じのコリン・ファースですが、一方でもっとやさぐれた男ショーン・ビーンも「シャープ」シリーズ以降、大変人気があるんですよね。どうして日本ではいま一つなんでしょうかねぇ。
気に染まぬ男と結婚しそうになるところで助けに来るショーン(笑)
↑ これってある意味、女性の究極の夢じゃなかろうか。実際、このシーンも夢落ちなんですがぁ(笑)。
できることなら、来る男はダスティン・ホフマンじゃなくて、↑のようにショーン・ビーンが良いでしょう!