ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

Dr.パルナサスの鏡

風邪を引いてしまった。またかよ・・・。
咳をするたびに気管支から飛び出てくる黄緑色の痰が怖い。
疲れているのを認めざるを得ないつうか(苦笑)。
風邪引く前に「Dr.パルナサスの鏡」を見に行っておいて良かったーーー。

ということで念願のテリー・ギリアム作品を見に行ってきました。
楽しみにしている作品は前もって情報をなるべく集めずに先入観無しに見たいので、予告編も見ないようにしますが、今回は情報集めるどころの騒ぎではなかったので幸いでした(笑)。

で、主演のヒース・レジャー
腕が逞しいですね。
って、そんなことかよ。

というか、映画を見ていてヒースの腕の逞しさが非常に印象に残っているのですが、急死した事を知っているからか、逞しい肉体を持っているのにどうしてあんなに儚く見えたのか? 先入観? トム・ウェイツの図太さに比べたらあの頼りなさはなんだろうか。

テリー・ギリアム作品の楽しさに溢れた作品でした。
手作りの美術セットがやっぱり好きだわぁぁぁ。
絵画だって写実的なら良い絵じゃないように映画だって写実が全てじゃない。
モンティ・パイソン時代のアニメのような意識が自由に流れていく感覚が心地良くてとにかく楽しかったなぁぁ。