ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

ドラキュラ系

クリストファー・リーといえばドラキュラ伯爵。
怖いよ・・・。

長身で貴族的な顔立ちに立居振る舞いのリーさん、実際かなり上流階級のお人らしいので当然といえば当然か。
さすが英国紳士。長いもみ上げ。

やっぱりドラキュラ伯爵は長身でないといけません。ぞろ引くようなマントを羽織らなきゃならないから。

ところで友人の好みの役者を色々聞いてみると、不気味な古城に住んでるような浮世離れした役者の名前が出てきます。
ジェレミー・ブレット、クリストファー・リールトガー・ハウアーピーター・カッシングヴィンセント・プライス
若干一名、浮世離れしているものの古城には住んでなさそうな人がいますが。

最近ではリチャード・ロクスバーグが「ヴァン・ヘルシング」で妙なドラキュラやってましたね。あれは監督の趣味が私の趣味とベクトルが違う感じなだけですか・・・。ロクスバーグはBBCのドラマでシャーロック・ホームズを演じててかなり好きでしたよー。シャーロック・ホームズが似合うというのもドラキュラ系に通ずる所があるやもしれませぬ!

こうやって思いついただけでもドラキュラ系ってかなり素敵です。
生活感がまるでないところが魅力のひとつでしょうか。着ている物はタキシードにマント、住居は古城(しかも地下の棺桶)、食事は生き血。

うーん、衣食住どれもとても真似できません。真似ようとも思わないけど。
やっぱり自分にないものを持ってる人に惹かれるのかしら?
って極端な例だ。