ないまぜ日記

映画、海外ドラマ、音楽、その他諸々、ないまぜ日記

映画

マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!

渋谷まで行ってきました。Bunkamuraのル・シネマって初めて行った。幸い迷わず行けた。 生ける伝説マイケル・ケインがプロデューサーも兼任してスウィンギング・ロンドンを鮮やかに見せてくれました。 文字通り鮮やか。モノクロの世界からカラフルな世界へ。…

発作

シェトランド行きたい病の発作が起きてしまいました。スコットランド行きたい。戻りたい! エディンバラでもグラスゴーでもどっちでも良い。あの寒いとこに戻りたい。このところ東京も十分寒いですが、スコットランド訛りを聞いてると無性に戻りたくなりまし…

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

初日に観に行きました。 なのに日記に感想を書かず師走も押し迫って明日は大晦日か・・・。 もう一度見たら腑に落ちるのかなぁ。なんだか物語の展開というか、登場人物の心の動きがどうも私には納得のいかないところが多くて、なんでそうなるの?と、付いて…

師走か・・・

今年も一年、何をしてたらこんなにあっという間に師走になってしまったのか疑問に感じつつ・・・。 大人になると、いろんな事が起こってもなんだか新鮮さに欠けてしまって感動が薄くなるのだろうなぁ。 すれっからしって、こう言う事なのかなぁ。「ブレード…

ブレードランナー 2049

初日に観に行きました。完全にやられた。こうくるとは思ってもみなかった。また観に行く!

女王ビクトリア 愛に生きる

また、副題付いてますよ。 「愛に生きる」だって・・・。 なんでこんな安っぽい副題を付けたがるかなぁ。 愚痴から始めてしまいました(笑)。NHK総合で「ビクトリア 愛に生きる」が7月30日から放送されます。いやー、びっくり。ピーター・ファースがカンバー…

シャンドライの恋

あーもー、デヴィッド・シューリスのこの遣る瀬なさっぷり、報われなさっぷり。イマジカBSで放送されて録画しておきました。6月は「セクレタリー」が放送されちゃったりして挑戦的な放送内容でございますね(笑)。ジェームズ・スペーダーにとって一世一代の当…

バレット・オブ・ラブ

録画したまま忘れていた映画です。タイトルを見てもなぜこの映画を録画しておこうと思ったのかすら思い出せずに番組情報を表示させたら、マッツ・ミケルセンが出演していたから録画していたのでした。えええと・・・。シャイア・ラブーフが主演の恋愛モノで…

ジェームズ・ボンドもまた死す

ロジャー・ムーアが亡くなったニュースを見たとき、本当に驚きました。 ジェームズ・ボンドも死ぬんだなと・・・。R.I.P

復活

あまり見たい映画も放送しないし、海外ドラマも大げさに宣伝する割になんか期待外れなのが多いし、それなのに視聴料が高いスターチャンネル。今年の2月に契約解除しておりました。そしたら、今月はピーター・ファースが出演している「復活」が放送されていた…

キングコング:髑髏島の巨神

連休中何もする事がなくて暇そうなおっさんが一匹転がっていて邪魔くせーなーと思っていたのですが、近所の映画館で午前中に上映していて、尚且つ夫が鑑賞可能な映画という事で見に行きました。私が見たがる系統の映画は夫からマニアックの一言で片付けられ…

ウィズネイルと僕

イマジカBSで「ウィズネイルと僕」が放送されました。この作品は二十数年前に英版のDVDを買って見ましたが、日本語字幕では見た事がなかったので良い機会でした。何度見ても面白いものは面白い。1969年のロンドンなんて、私のように英国かぶれにはたまらない…

ドクター・ストレンジ

「マッツを観る為に」第二弾。これまで映画館で眠ってしまったのは一度だけです。「シカゴ」で爆睡してしまいました。寝不足と興味のないミュージカルを選んだ事が敗因でした(笑)。それくらい、映画館では退屈でも寝てしまうことはなかったのです。ところが…

ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー

マッツを観に行ってきました。実はそれほど期待しておりませんでした(笑)。ターキン総督があんだけ自信満々なのにおかしいなー。なんであんなに呆気なく、というか、出来過ぎ感有り有りで連鎖反応して爆発するデス・スターって設計ミスだよなと思っていたの…

マッドマックス 怒りのデス・ロード <ブラック&クローム>エディション

白黒映画好きで、砂漠好き(相性は悪い)の私に打って付けの映画が公開されたので是非行かなければと思いまして有楽町まで行ってきました。What a lovely day !「マッド・マックス 怒りのデス・ロード」を映画館へ見に行かなかったのをかなり後悔していたので…

赤穂浪士

毎年師走になると忠臣蔵が放送されますが、無職になると師走感というのが希薄になってしまいます。忠臣蔵を見ると年末を感じるのです。貴重な季節物。師走早々に副鼻腔炎になって、結局ひと月も抗生剤を飲む事になってしまい年明けまで薬漬けです。いい加減…

不思議惑星キン・ザ・ザ

今週月曜日に観に行きました。平日のレイトショーなのに、意外と席が埋まっていた! この映画を銀幕で見たい人がやはりたくさんいるんだなーと実感。私のようにお一人様率が高い。まー、ミニシアター系はお一人様が多いですけどね。オープニングクレジットで…

クー・・・失念

本日は心の王子、ロバート・プラントのお誕生日であらしゃいます。ついさっき気が付きました。ごめんよ、王子。昨日、晩御飯を作る時にブラックサバスの「パラノイド」を聴きながらトマトソースを作っていたら、なんかついついヘッドバンギングしていた自分…

ブラックマンバ

ナショナル・ジオグラフィックのドキュメンタリーでブラックマンバが特集されていました。 ブラックマンバと言えば「キル・ビル」でダリル・ハナーがマイケル・マドセンを殺すのに使った蛇だよな〜、と思いながら見ていたら気が付いた。このドキュメンタリー…

トムハ

トム・ハーディの事をトムハと呼ぶそうです。なんでも省略するのはSNS世代だからなのか。トム・ヒドルストンはトムヒだそうだし、トム・ヒューズは第二のトムヒだとか。もうなんでもありだな。「マッド・マックス 怒りのデス・ロード」がスカパーで初めて放…

レジェンド 狂気の美学

←こちらは本物のクレイ兄弟。このところトム・ハーディ祭りと化してます。双子のクレイ兄弟をトム・ハーディが一人二役で演じると知った時から必ず見に行こうと思っていました。新宿シネマカリテという映画館に見に行ったのですが、久しぶりに行った新宿駅で…

チャイルド44 森に消えた子供たち

これ、原作がとても話題になっていて映画化になったので気になっていた作品でしたが、見逃したままでした。アンドレイ・チカチーロの事件をモデルにした事だけは知っていたのですが、映画が始まったらまるで時代が違う。あれー? 1953年ってスターリンが死ん…

マッド・マックス 怒りのデス・ロード

ジョージ・ミラー監督の針が振り切れた極端な個性が素晴らしい。この人が「ベイブ」の脚本を書いたとはなぁ。この映画は映画館へ行くべきだった。最近、こういうのが多い(笑)。機内上映で見始めたのに映画の途中で着陸してしまい、気になりつつもうっかり忘…

復活

これまで行ったことのなかったヒューマントラストシネマ渋谷に昨日見に行きました。月曜日のお昼だというのに、とても混んでいた。平均年齢は確実に60代でした。しかし、宗教的な主題の映画をこんなに見に来る人がいるなんて、東京ってすごいなと違う意味で…

ミラクル・ニール

楽しみにしていた映画です。T・ジョイPRINCE品川という映画館へ初めて行きましたが、品川駅からも近いし、座席の座り心地も良くて気に入りました。が、映画はまるで気に入らない。あああ、残念です。モンティ・パイソンの生き残り爺達全員集合の映画がこれほ…

ドクトル・ジバゴ

熊本で起きた地震のことで色々と不安な事があるのですが、とりあえず、実家や親戚などで被害に遭っている人はいないようでちょっと安心しました。ただ、実家の家屋は築40年なので今回の地震でどこか傷んでいる可能性もあるわけですが。そういう不穏な心持ち…

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件

これを見逃すわけにはいきませんでした。イアン・マッケラン主演、ビル・コンドン監督、音楽はカーター・バーウェル。「ゴッズ・アンド・モンスターズ」と対を成す作品のような気がしました。どちらの作品も、予期せぬ歓迎できない瞬間に亡霊のように脳裏を…

公開決定

ピーター・ファースが出演している映画「RISEN」は邦題「復活」として公開日が決定しました! こちらの公式ページ(手抜き感がすごい)で公開日や上映館の確認をよろしくお願い申し上げますますます!「spooks:The Greater Good」が、私の知らないうちに東京と…

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

なんで?アカデミー会員は一体何を考えているんだ? マイケル・キートンがどうしてこれでオスカーが取れなかったのか、不思議で仕方ありません。映画でも触れられていますが、演劇業界人と映画業界人の間には実に根深くて、お互いに対する劣等感と優越感とが…

ジュピター

ショーン・ビーンが出演していなかったら見ることもなかったかなと思いますって、ちょっと前にも同じような事を書いてますが。ウォシャウスキー姉弟の脚本・監督作ということですが、お金を掛けまくった中二病な映画です(笑)。主演の二人にまるで興味を持て…